toggle
2007-10-14

建築家の視点×ジャンルを超える視点

nike shop
昨日、青山ブックセンターで行われた『建築家BOX Vol.01』刊行記念の芦沢啓治×トラフ×永山祐子(敬称略)トークショーを聞いてきました。


最初一時間を、各人20分ずつで自身の作品説明をして、残りの一時間をトークセッションしながら最後は質疑応答という感じで進みました。
私、思ったのは、トラフさんと永山さんの違いといいますか、男性と女性の違い、なのでしょうか。
男性って、やっぱり技術や職人的な部分、どう論理的にアウトプットとして、かたちにおとしていくかを考える傾向が強いのでしょうか。
それに対して女性は、空気感や物語感といった、イメージ的なものが先行して考えていく傾向が強いのかもしれないです。
僕は、トークを聞いていてそんなことを感じました。
「一歩を踏み出すことができるかどうかの違いって結構おおきくて、その積み重ねをしてきた人が、今も活躍されているのかもしれない」
芦沢さんが最後におっしゃったその言葉が印象的でした。
上の写真は、トラフさんの作品で、裏原宿にあるNIKE AIR FORCE 1 ONLY SHOP 『1LOVE』。
’08年1月25日までの1年間期間限定ショップ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。