toggle
2013-01-19

『ハーブ・アンド・ドロシー』上映会・トークショーのご案内(内容更新)

私もお世話になっている「シアムメディア研究所」さんから、面白そうなイベントのご案内をいただいたので、ご紹介いたします。


3年前に上映され、アート関係のドキュメンタリーとしては記録的なヒットとなった映画『ハーブ・アンド・ドロシー アートの森の小さな巨人』。
郵便局員と図書館司書をしていたごくごく普通の夫妻。
共通の楽しみとしてコツコツ集めた膨大な数の若いアーティストの作品は、いつしか20世紀のアート史に残る作家の名作ばかりになって・・・
その映画の完結編『ハーブ・アンド・ドロシー ふたりからの贈りもの』が、3月30日から公開されます。
この映画の公開プロモーションを兼ねて、ワンコイン上映会+トークショーを開催されるそうです。

トークショーでは、この映画監督の佐々木芽生さんがわざわざニューヨークから駆けつけてくださるそうです。
トークショー出演のもうお一方は、なんとスマイルズ代表の遠山正道さん。
遠山さんはアーティストとしての顔をお持ちです。
お二人からどんなお話しが繰り広げられるか楽しみです。

さらに、今回の上映会会場となる建物「日本橋 1163」は近く解体・建直し予定のビル。
解体までの間間借り受けた方たちが、ソーラーバッテリー活用や手づくりスピーカーを持ち込んだりと実験的なイベントを行っており、是非この機会に見て欲しいとのこと。
料金も500円と超お得ですので、お時間ある方は是非是非足を運ばれてみてください。


以下、開催概要です。

日時:2月8日(金) 上映会18:00-19:30 トークショー19:40-20:40
トークショー出演:佐々木芽生(映画監督・プロデューサー)
          遠山正道(スマイルズ代表取締役、アーティスト)
会場:日本橋 1163 中央区日本橋 1-16-3 木村ビル 2F(地下鉄日本橋駅 D2 出口)

    (座って鑑賞です。20席程イス席の用意もありますので、
     お辛い方は遠慮なくお申し出ください)
定員:70 名
料金:500円 (当日会場受付けにてお支払いください)
主催:シアムメディア研究所  ・企画:ワタナベラジオ
協力:日本橋1163、田口造型
音響:エプソン販売(株)、木村不動産(株)
後援:日本橋1丁目東町会
申込み・問合せ:シアムメディア研究所(清野)
         〒154-0002 東京都世田谷区下馬 6-27-13-201
         Tel:03-6450-8392  Mail:seino@tempology.jp
※ 2月8日(金)〜13日(水)まで「日本橋1163」1Fにて下記写真展を開催中。
  併せてご覧ください。
   「MFMS×EPSON写真展『ただ、自分らしく』
  〜「見た目」に症状のある人たち“らしい生き方・楽しさ”写真展」

■佐々木芽生 Megumi Sasaki 映画監督、プロデューサー
北海道札幌市生まれ。青山学院大学仏文科卒。
1987年渡米。92年、NHKニューヨーク総局でキャスターやリポーターなどを経験した後、96年に独立してテレビのドキュメンタリー制作に携わる。
02年、映像制作プロダクション(株)ファイン・ライン・メディアをNYで設立。
08年、初の監督、制作を担ったドキュメンタリ-映画『ハーブ&ドロシー』を発表し、米ハンプトン国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー作品賞を受賞するなど高評価を得た。
続編『ハーブ&ドロシーふたりからの贈り物』が3月30日公開が決まった。

■遠山正道 Masamichi Toyama (株)スマイルズ代表取締役
1962年東京出身。慶應義塾大学卒業後、85年三菱商事(株)入社。
97年スープ専門店「Soup Stock Tokyo」第1号店開店。00年に三菱商事初となる社内ベンチャー企業(株)スマイルズを設立し、代表取締役になる。08年MBOにより株式100%取得。
06年よりネクタイ専門店「giraffe」、09年リサイクルの新しい形を提案するショップ「PASS THE BATON」、12年ファッションブランド「my Panda」を開始。ニューヨーク、赤坂、青山で個展を開催するなどアーティストとしても活躍。
美術館を身近に感じてもらう新たな試みである「オープン ミュージアム プロジェクト」のメンバーとしても活動している。


大きな地図で見る

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。