そらあるき

そらあるき 金沢のそらあるき


この冊子は、食事処やお店などの旅行者に役立つ情報を、コラム入りの地図などで紹介しよう、というのがきっかけみたい。
つまり、街の情報誌を、広告を入れず、制作者目線でつくっているのが特徴。
だから、コラムあり、お寺やお店、さらにはバーなどの紹介あり、料理のページと、内容もバラエティに富んでいます。
タウン誌は、ともすると飲み屋の広告で埋め尽くされる傾向にあるよう。
もちろん、広告あっての価格なのですが、でもそうなると読み手が欲しいものからずれてくると思うのです。
だから、「そらあるき」はすごい。
サイズもA5くらいで持ち歩きやすいし、表紙もマーク・ハモンドさんというカメラマンの写真で、持っていたくなるようなタウン誌。
価格も330円とお手頃価格。
金沢に行かない人でも欲しくなる冊子です。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA