活版印刷で名刺制作

活版印刷が残っている武内印刷さんで名刺制作をする企画を、八戸ニューポートの方々にご協力をいただき、実施させていただくことになりました。

この企画は、1回目で活版印刷所を見学して活版印刷を知っていただき、自分の名刺のレイアウトを考えていただきます。
2回目で、実際に自分の名刺を刷るところを見学していただく、というものです。
私は、企画アドバイザーと、チラシのデザインをさせていただきました。

企画化するにあたり、すごーく難しかったです。
それは、活版印刷ならではの制約と、武内印刷さんの状況による制約があるからです。
活版が残っているとは言え、そもそも持っている書体の制約があり、その活字も、過去の地震で万全に使えるわけでもありません。
おそらく大丈夫であろう書体でも、それで組めるかは、拾って組んでみないとわからないそうです。(だいたい大丈夫ですが)
そういう制約があることをスタッフの方にわかっていただき、それを企画にする際に、問題が起きないように考えました。
企画化がこんなに難しいとは思いませんでしたが、話せば話すほど、あれどうする、この時どうするという疑問が発生しました。
こうやって告知した今も、正直やってみないとわかりません。
もちろん、何かあっても全力でサポートはしますが、こればかりは・・・

ただ、活版印刷は、やっぱり見ないと面白さはわからないと思います。
印刷所の風景も行けば良いと思えると思います。
刷る作業でも、本刷りに至るまでにどんなことをして、どういうことに気を遣って印刷しているのか。
見ないとわからない。
そういうものを、ぜひ見て知っていただければと思います。

自分の名刺を作っていただきますが、私もアドバイザーとしてご協力をさせていただきます。
活版印刷ならではの制約があります。
その制約のなかで、いかに工夫するか。
少ないながらも、これまでに何度か名刺を作らせていただいていますので、その経験をいかして一緒に考えさせていただこうと思います。

活版印刷、確かに普通の名刺よりも割高ですが、出来たものを見ると、きっと嬉しいと思います。
ご興味がありましたら、是非ともご参加ください。
以下に詳細です。

【八戸ニューポートイベント情報】大人の社会科見学「活版印刷所」数多ある鉛の活字を一つ一つ探して拾って組み、ハンコの原理で一枚一枚刷る活版印刷。膨大な手間をかけて作られる印刷物にはどこかあたたかみがあり、近年再評価がされています。大人の…

Posted by 八戸ニューポート on 2015年4月24日


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA