toggle
2011-06-09

秋田へ_2

0605_041.jpg
秋田市二日目です。

朝は、千秋公園にある秋田市立中央図書館明徳館に寄りました。
建築家は、谷口吉生さん。
それほど大きくないと思いますが、空間にゆとりがあり、広く、落ち着いた感じがありました。
そして、藤田嗣治の大壁画があるという、平野政吉美術館を見忘れました。
また来よう。
お堀には、睡蓮がさいていました。
0605_042.jpg
0605_043.jpg

0605_046.jpg
0605_048.jpg
0605_052.jpg
0605_033.jpg

0605_058.jpg
目的地のひとつ、ココラボに来ました。
やっぱり実際来て見てみないとわからないものです。
個人的には、馬喰町のアガタ竹澤ビルのようで、少し小さくした地方都市版よのうにも感じました。
3階には「まど枠」があります。
意外にも、開放的なお店でした。
やっぱり品揃えがマニアックでした。
後で書きますが、イベントに出店している店舗で購入した本も、初めてみました。
2階にある石田珈琲店喫茶室のお昼を勧められ、いただいてみました。
お昼時ということもあり、すごく込んでました。
まわりに同じような形態の場所がないので、きっとこのビル、この場には、にたような人が集まるんだろうな、と思いました。
カレーもさることながら、やっぱり珈琲が美味しかったです。
隣の方の飲みやさんの↓このオブジェ、なかなかよさげでした。
0605_057.jpg

今回の旅のメインイベント、さんかく座を目指します。
さんかく座は、一昨年から年1回で開催している北東北の三都市、秋田市、盛岡市、弘前市のゆるやかなつながり。
本やら生活・インテリア用品やら文具やら、はたまた喫茶、飲食等、各都市でお店を開いている方が一箇所に集まり、毎年開催都市を変えながら開くイベント。
こういうつながりって良いですね。
イベント自体もですが、これをきっかけに、他の機会にもこの繋がりが活きると思います。
最近、このつながりが機能し始めてるのでしょうか、北東北三県、三都市をアーティストがまわるような、そういう発展もしているようにも感じがします。
今年の会場は「ドリームワールド」。
行ってみたら、なかなかなうい所でした。
ドリームが大きくなればいいなぁと思いました。
0605_059.jpg
0605_061.jpg

会場を早々に後にして、男鹿半島に向かいました。
時刻は13時半をまわってました。

関連記事

コメント2件

  • 朝市珈琲 より:

    良いところ廻りましたね、川反中央ビルは何かの番組で見た気がする。

    建物に興味がおありのようですね〜

    喫茶では「みきょう」お薦めです。

  • makoto より:

    「みきょう」さんですね。
    ググったら、何となく場所わかりました。
    次回ですね。ありがとございまーす。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。