toggle
2008-11-16

日本民藝館と代々木上原と

日本民藝館
16日も、お出かけしました。


朝は新宿のOZONEで、「国際家具デザインフェア旭川(IFDA)2008 入賞入選作品展」と「天童木工 家具デザインコンクール2008」を見ました。
どちらも木工家具のコンペ受賞作の展示で、興味深く拝見しました。
IFDAの方は、コンペの歴史もあるだけに、特にレベルの高さを感じました。
その後、東京駒場にある日本民藝館に行きました。
今回で、僕は2回目の見学です。
先日行われた「民芸」のトークで、たくさんのものを見る経験が必要ということを聞きました。
民藝は、生活用品に見る美。
使い手のことを考えたもの。
その、普通のものの中に宿る美しさ。
前回から、だいぶ多くのもの場所に行って、たくさんのものを見ました。
だから、前回来たときよりは楽しく見れたと思います。
でも、やっぱりわからないものはわからない。
まだまだ経験が足りないのだと思いました。
次回来たとき、どのように見れるかが楽しみです。
また、館内の売店で、素敵な器を購入しました。
Discover Japan誌 Vol.2でも紹介されている、沖縄、読谷の松田共司さんの器。
1470円。
絵付けは奥様がされているそうですが、その図柄がすばらしいです。
一日に膨大な量をこなさなければならないそうですが、だからこそ生まれたこの図柄。
店内でも、ひときわ力強く訴えるものを感じました。
松田共司さんの器
民藝館のある駒場通りは、街の雰囲気がとてもいいです。
この住宅も、どことなく味があります。
駒場通り
歩いていると、富ヶ谷のあたりですてきなお店を発見。
Freshness Burger 富ヶ谷店
後で調べて分かったことですが、ここはFreshness Burgerの第一号店でした。
他の店舗でも趣のある内装ですが、第一号店はコンセプトが凝縮された感じでした。
チェーン店も、そのオリジナルを知ることは大事だと思いました。
残念なのは、路上駐車するベンツ。
お店を愛するななば、やってほしくないと思いました。
Freshness Burger 代々木八幡店
代々木公園駅近くのスーパー。
収穫の秋です。
ということで、なんとなくパシリ。
代々木上原の八百屋
その後、Afterhoursに行きました。
先月同様、今月も知人をお誘いしました。
とても楽しいひとときでした。
この場でご紹介できて、よかったです。
それで、またやってしまいました。
誰かと一緒だと、写真撮るの忘れてしまいます。
この癖、直さなければなりませんね。
Afterhoursの後、話しが弾んだので、近くのTARLUMに行きました。
こちらは、山本宇一さんプロデュースのお店。
久々でしたが、こちらも素敵なお店でした。
代々木八幡も素敵でおもしろい街だと、最近になって、ようやく思えるようになってきました。
みなさまとさよならした後、表参道ヒルズに行きました。
もう、クリスマスシーズンなのですね。
今年も、仏教徒でいきたいと思っています。
表参道ヒルズ 2008年クリスマスツリー 1
表参道ヒルズ 2008年クリスマスツリー 2

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。