toggle
2008-09-29

9月27日・28日

ミニツク
27日は、DAGODA展の後、吉祥寺に行きました。
mono galleryで行われている「中央線デザイン倶楽部」の「吉祥寺の動物園に行って、見て、感じてつくる」展を見ました。


中央線って、あらためてすごいと思いました。
ひとつの路線なのに、これだけ各駅特徴があり、たくさんのクリエーターがいる。
そのことだけでもすごいと思います。
すごいですね。
共に生きるためのデザイン
午後は、有楽町の東京国際フォーラムで行われた大学時代の恩師の講演会と、リ・ユニオンパーティに参加しました。
振り返ってみると、この先生と出会っていなければ、今の自分は無いと思います。
デザインを、こんなに楽しめていなかったと思います。
人間中心のデザイン、横断的なものの見方は出来ていなかったと思います。
感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、先生は今年の春に大学を退官されたのですが、その後、デザイナーとして益々忙しく、精力的に活動されています。
退官というとネガティブなイメージしかありませんでしたが・・・やっぱり先生はデザイナーでした。
退官後の生活も、デザインされてました。
原美術館
28日は、原美術館に行き、「米田知子展」を見ました。
その場やシーンの意味を裏切る写真で、写真に意味が付加されているように思いました。
写真展の見方、ちゃんと勉強したら面白そうです。
その後、渋谷に寄り道した後、東京カテドラルを見ました。
帰りに、「エフスタイルの仕事」を購入しました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。