toggle
2007-03-04

来森手帖と在青手帖

aomori
来森手帖、在青手帖。
料理研究家の福田里香さんと、みつばちトート店主の束松陽子さん編集の、主に青森県の中で、津軽地方の文化に関して様々紹介している小冊子。
外苑前にあるみちばちトートの店舗、8studioで購入。
津軽こぎん刺しや前川國男、りんごのお菓子を紹介したり、青森でものづくりの仕事をされている方を訪問したりしています。
僕は南部の出身なので、同じ県にいてもあまり津軽の文化は知らないです。
でも、見ていると、同じ県にこんなすてきなお店や人がいたんだと発見の連続。
たぶん、県外の方だから、地元の人も気付かないような魅力を発見できるんですね。
青森県出身としては、このように魅力を引き出して紹介してくれることは、とても嬉しいことです。
今度実家に帰ったら、車に乗って、この冊子片手に紹介しているお店に行ってみたいなぁ。
津軽こぎん刺しも素敵だけど、そういえば、南部にも南部裂織とか南部菱刺しってあったなぁ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。