toggle
2007-01-26

Pula Man

pen01
pen02
これ、買いました。
ぺんてる Pula Man
210円。
HPを見てて知ったのですが、万年筆扱いなんですね。
そうとは知らず売り場で見ていたわけですが、買ったのは、筆跡のおもしろさと書き心地の良さに対して価格が安いこと。
ペンにはいろんな種類がありますが、これはどれにも似ていないと思うんですよ。
ボールペンは堅いし、ゲルインキペンはインクがどっぱり出て太め。
水性サインペンは柔らかい書き心地だけど、筆跡に強弱はつけにくい。
筆ペンは、もっと強弱付きすぎて日本的。
万年筆は、細くてカリカリ。
製図ペンは、少し太い筆跡の万年筆みたいな感じ。
でもこのペンは、柔らかい書き心地で筆跡に強弱をつけれるのに、堅いペンで書いたような印象で、なめらかな線が書けます。
いいペンですよ。
それでこれを買ったお店では、Craft Design Technologyの商品も扱っていたんですね。
で、このブランドの中に、このペンもあるわけです。
店頭にも置いてました。
主な違いは本体色。
確かにCDTのは深緑でかっこいい。
それに対し、オリジナルはエンジでちょっと・・・。
でも、価格がオリジナルの2.5倍なわけですよ。
CDTのペン2本で、オリジナルは5本買えちゃう。
やっぱりこういう状況を目の前にすると、なんだろうな〜って悩んじゃいますよ。
僕は・・・210円で買いましたよ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。