toggle
2006-12-03

パラレル・ニッポン

ebisu
恵比寿ガーデンプレイス内にある東京都写真美術館に行き、「パラレルニッポン 現代日本建築展 1996-2006」を見てきました。
(今日が最終日)


この展覧会では、100くらいでしょうか、いろんな建築が、ジャンルごとに2点1対のパネルで展示されていました。
その事例の多さももちろん面白かったのですが、それ以上に僕がこの展覧会を楽しめた理由は、それぞれのゾーンごとの説明文があったから、でしょうか。
この10年の時間の変化、つまり、社会情勢や少子高齢化やコンパクトシティなどのことが、もちろん建築にも関係あることなのですが、そういうことが書かれた文章が展示会場でも書かれており、頭の中で考えながら、展示を見ることができたのです。
今の自分の仕事柄、特にそういうことは大事なので、余計面白く見れました。
ちなみに、先週末は無印良品有楽町店でMUJI AWARD展を見た後、品川でコクヨデザインアワード表彰式&トークショー&懇親会に出ました。
去年までは、ほっとんど知り合いに会うことはなかったのに、今年は3人も知ってる人が会場に来てて、面白かったです。
そうそう、そのコンペのからちょっと話が飛びますが、最近、表参道のTRICOさんや、外苑前のCIBONEに行くのが好きなんです。
機能だけではない、少しアーティスティックでユーモラスな要素を含んだデザインを見てるのがすごい面白い。
コレクター癖が少しあるのに、貧乏性のせいか、そんなに値が張らないコップを買う習性がありまして、実際、TRICOでCRUSHED CUPを買ってしまいました。
この壊れた感の凹みが、ミョーに握りやすいんですよ。
パラレル〜の後、ちょっとCIBONEにも寄ったのですが、いいコップ、見つけました。
耐熱の2重ガラスので、中の大きさのが880円。
次見たら、確実に買います。
ロック・オンしました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。