toggle
2006-09-04

GTゼミ01@シブヤ大学

shibuyauni2シブヤ大学で行われた、「Generration Timesゼミナール01」に行ってきました。


「Generation Times」は、ラフォーレ原宿が発行元で2004年10月頃に始まった、社会派タブロイド誌です。
今回のゼミは、編集長の伊藤剛さんと、第4号で登場しているフォトグラファーの下道基行さんがお話し下さいました。
授業は2時間半で、始めの1時間半を伊藤さんが、創刊の経緯から各号の背景等について語り、残りを下道さんの戦争遺跡の写真を見ながらの対談でした。
今回のお話しは、お二人とも自分と年齢の近い同世代でしたので、結構リアルなものを感じました。
成長段階の中にあってまだまだ荒削りな部分があるけれど、それ以上に主張がはっきりしていて、そのエネルギーに圧倒されるというか。。。
自分が↑こんなことをまだ言える立場にいませんが。。。
お話しで一番面白かったことは、「発信する時に大事なのは、その情報が自分にとってどのように関係がることで、それをリアルに感じてもらうためには、どのように伝えたらよいかを考えることが大事」ということです。
世の中のいろんなことが、実は自分にとっても関係があることだったりする。
伊藤さんがどういうことに興味を抱き、それをどのようにとらえ、深めていっているのかをかいま見れたことが嬉しかったです。
そして、自分でも自分なりのそのような思考方法を身につけたいと思いました。
編集力ですね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。